Conservation Bonin Field Project のご報告

ご無沙汰しております。皆さまいかがお過ごしでしょうか?久しぶりの更新です。

 

さて、4月2日〜4月12日の期間、父島にて 「Conservation Bonin Field Project」 を開催しましたので、その様子をご報告します!

このプロジェクトは 小笠原のフィールドでの森の整備作業、海洋漂着ゴミの調査、自然観察会などのプログラムを通して、後述の各団体が協力し、世界自然遺産・小笠原諸島の自然再生を目的として行われました。

*Bonin Ecology Network(7名)、日本自然保護協会(1名)、パタゴニア日本支社(11名)、小笠原自然観察指導員連絡会(3名)の共同開催

 

 

【パタゴニアスタッフの皆さま、限られた滞在時間のほとんどを小笠原の自然保護活動に費やしてくださり、誠にありがとうございました!】

 

 

 

小笠原の山の生態系において重要な役割を担っている沢、その沢を通じて山と海とを行き来する水棲生物、それらと密接に関係している森を自然観察や環境整備を通して共に学んでいきました。

 

〈東平アカガシラカラスバトサンクチュアリーでの自然観察会〉

入口の外来種拡散防止装置で衣服に付いた植物の種子、靴底のドロを落とし…

初寝山方面に行きました!

 

 

〈旭平展望台での外来植物の伐採・刈り取り〉

道具の種類や使い方の説明及び整備内容確認の事前ミーティング

作業中看板も設置し…

対象木はギンネム、モクマオウ、リュウキュウマツ、キバンジロウ、アカギ、ランタナ、ホナガソウ、オオバナセンダングサなど

 

〈旭山南峰尾根での外来植物伐採〉

ここでの対象木はリュウキュウマツ

ランチも自分達で準備し、ケータリング!

 

*旭平展望台では大きいのから小さいのまで合わせて809本、旭山南峰尾根では46本を伐採・刈り取りしました。

 

 

 

山の次はフィールドを海へと移し、扇浦海岸にて海洋漂着ゴミの調査しました。今や世界中の海を漂流し、深海の海底にまで堆積する海洋ゴミ。中でもプラスチックは長い年月をかけても生分解されることがないので、太陽光などにより粒子状に細かく砕かれたもの(=マイクロプラスチック)も漂流し続けて、食物連鎖ピラミッドの底辺のプランクトンにまで取り込まれています。もちろんそれは、より大きい海洋性の生き物も誤食しています。

調査した皆さんも、そういった事実を知っていても、太平洋の真ん中に浮かぶ小笠原の美しい扇浦海岸にたくさんのマイクロプラスチックが打ち上げられているのを目の当たりにすると、驚きを隠せない様子でした。

 

〈扇浦海岸にて海岸漂着ゴミ(主にマイクロプラスチック)の調査〉

まずは調査手順を分かりやすくパネルで説明

Bonin Ecology Network の女性スタッフのクリエイティブな力作もお披露目。彼女達自身で事前に採取・分別したマイクロプラスチックなどの漂流ゴミと海洋生物との関係性が一目で分かるようになってます。

さて、さっそく採取に取りかかります。ビーチで調査ポイントを選定し…

表層の砂をスコップですくい、海水の入ったバケツに入れます。海水に浮いたプラスチックを砂は流れないように慎重にザルでこしていきます。これを2〜3回くり返します。この時、網目の大きさの違うザル、最終的には目の細かい網をくぐらせ、プラスチックを大まかな大きさごとに分別します。

採取したプラスチックを乾かし、自然物を別にし、大きさ・種類・色ごとに分別していきます。ここからは根気のいる作業。

とてもとても1日では分別しきれませんが、できたところまでを各班ごと表にまとめました。

 

 

また、IBO(小笠原自然文化研究所)の佐々木さんによる水棲生物の解説をしていただいたり、USK COFFEEさんでリユースマーケットやスピーカーシリーズ、もちろん休みの日にはフィールドに遊びに出掛け、島の子供達も整備や調査に参加してくれる日もあったりと密度の濃い時間を過ごしました。

色んな方々のご協力を得て、無事にこのプロジェクトを終えることができました。関係者各位、重ねて御礼申し上げます。

 

副会長  谷口智哉

 

スピーカーシリーズ@USK COFFEE

盛り上がりました〜♪

*「スピーカーシリーズ」とは特定のテーマに沿って、その道のスペシャリストの話を聞いたり、または参加した人が自分の意見を述べ、議論する場のことです。

 

森を散策したり

アカガシラカラスバトにも会いました!

森本農園で農業体験もさせていただきました。

シーカヤックに

サンセットSUP〜

ビーチでまったり

笑い、涙の解散式!

木の名前クイズ

5/17に行った自然観察会「森を立体的(3D)に観察する会」の中で参加者の方々にお出しした、木の名前クイズをホームぺーじでも楽しんでいただこうと写真をご用意しました。さあ、皆さん分かるでしょうか。

1,あかぽっぽも大好きなこの木の実!

落葉樹で地面に落ちている葉が特徴的な色ですね。

imageimage

2,ちょうど今が花のシーズン、可愛い白い花が咲くこの木はなんでしょう。

image

3,さあ、この木肌とっても特徴的ですね。最大のヒントは、外来種。

image

4,今回難問だったこの木。この木の花は赤い可愛い花が咲きます。ヒントは、固有種さらに絶滅危惧種。ハワイの有名なあるお花の近縁種だそうです。

image

5,この木の実も、第1問と同じくあかぽっぽの大好物でとってもいい匂いがします。葉も特徴的で、背の高い木ですね。

image

6,今回の見た森の中で1番多くを占めていたのがこの木でした。一見、地味に見えますが森の重要な役割を果たしています。葉は少し、第2問の木と似ていてます。

image

7,特徴的なコブのあるこの木。葉は緑と金色の2色で光に当たると綺麗です。

image

8,特徴的なこの木は、皆さん分かりますね。この沢山の足が最大のヒントです。

image

以上が今回のクイズでした!皆さんいかがでしたか?

ぜひ、次にハイキングへ行った時はこんな風に木を見てみると、今までとまた違った形で森を楽しめるのではないでしょうか。

答え

imageimageimageimageimageimageimageimage

5/17 自然観察会報告

蒸し暑い日が続いている小笠原ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

小笠原自然観察指導員連絡会では、今年度も第一回自然観察会を開催しました。

imageimage

5月17日(日)に行った観察会は、台風7号が接近する直前ではありましたが、少し曇っていた程度で影響もまだなく、森の中は過ごしやす気温でした。

今回、インタープリターに延島冬生さんをお迎えして「森を立体的(3D)に観察する会」を行いました。8名の参加者と共に、前半は森の中で樹幹や根を見ながら木の名前クイズ、後半は同じ森を上から見下ろし、木々の様子を観察しました。普段森の中を歩くことに慣れている参加者も多くいらしゃったのですが、森の一部を木の幹や根、葉などを改めて見ていくことでまた新たな発見のある時間となりました。

そして、上から見る森は、太陽の光を少しでも得ようとせめぎあっている木々の様子が顕著に見られ、一つ一つの木を上から観察することで、それぞれの木が好む場所や、枝の広がり方など様々な特徴を感じ取ることが出来ました。観察後は、こちらで用意した島レモンのレモネードを片手に参加者の皆様と植物の話で盛り上がりました。

昨年度は、アリから始まり水生生物とミクロな視点での観察会が中心でしたが、今年度は森を立体的に観察することで視点がぐっと広がる会でのスタートとなったのではないでしょうか。

お忙しい中、観察会に御協力して頂いた延島さん、そして参加者の皆様、本当にありがとうございました。また、今回は延島さんと森の中で行った木の名前クイズもホームページに記載したいと思いますので、参加者の皆様も今回は参加出来なかった皆様もぜひお試し下さい。

当会では、今後も自然観察会を通して沢山の方々と自然を楽しむ機会を増やしていきたいと思います。こんな観察会をして欲しい、などご希望がありましたらお気軽にお問い合わせください。

森の中でのクイズ

image

image

image

森を上から見る

image

島レモンのレモネード

image

観察後の歓談

image

5/17 2015年度 総会報告

ホームページでのご報告が遅くなり、申し訳ありません。

先月5月17日に小笠原自然観察指導員連絡会の総会を扇浦交流センターにて行いました。

※内容は以下の通りです。

〈2014年度の報告〉

1. 会計収支

2. 観察会について

3. 「国民の森林づくり」推進功労者受賞について

4. 2015年2月夜明平モニターツアーについて

〈2015年度の方針〉

1. 観察会について

2. 協定書について

3. 今後の活動について

お忙しい中お集まり頂いた会員の皆様ありがとうございました。

1/12 自然観察会報告

先日、2015年初の自然観察会を開催しました。

テーマは、「水生生物」。今回も一昨年インタープリターをお願いしたi-bo(小笠原自然文化研究所)の佐々木哲朗さんをお呼びしました。同じ水生生物でも、前回は山の沢(上流域)で行いましたが今回は私たちの暮らしにもっと短かな場所「清瀬川」を舞台に約3時間のボリュームたっぷりな観察会となりました。参加者も子どもから大人まで、さらに今回は飛び入りで研究者の方も来てくださり賑やかでした。

さて、今回の舞台の清瀬川ですが、ほんの短い距離の中に上流域、中流域、下流域が存在します。海側から観察を始めたのですが、歩いて行くと数メートル進むだけで海の生き物から川の生き物へと変化して行く過程が見れました。また、清瀬川と言えば島の子ども達の最高の遊び場。そこで観察するための石の動かし方から、戻し方、その生き物に触っていいか、どの生き物は見守るだけかなど観察の仕方も重要なテーマとなり、大人も子どもも互いにサポートし合いながら観察しました。

普段、身近すぎて気づかない事にも触れることができ充実した時間となりました。さらに今回は観察を行いながらリバークリーン(川のゴミ拾い)も実施しました。当会では、観察会を通してそに場所がまた少し良くなるような活動をこれからもしていきたい思っています。

今回、会員から参加者の皆様にちょっとしたお土産も用意しました。残念ながら、お目にかかることの出来なかった「ベニシオマネキ」をイメージして作った手作りクッキーです。なんと、このベニシオマネキ、最近固有種に認定されたという嬉しいニュースも入ってきました。これから、清瀬川横を通る時は少し意識してカニ穴周辺を歩道から眺めると出会えるかもしれませんね。

インタープリターの佐々木さん、参加者の皆様ありがとうございました。

そして、ご挨拶が遅れましたが、当会では観察会を通して今年も人と自然が様々な形で触れ合える機会を作って行きたいと思っております。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

<清瀬川を歩道から観察>

_DSC0255

<海側(下流域)>

IMG_4251_2IMG_4277IMG_4257_2

IMG_4263_DSC0261

<川側へ移動(中流域)>

IMG_4274IMG_4291IMG_4276IMG_4290

<さらに奥へ(上流域)>

IMG_4300

<リバークリーン>

IMG_4313

<手作りクッキー>

IMG_1006

 

7/6 自然観察会の写真

 先日、当会で行いましたアリの自然観察会にて参加して頂いた写真家の野元学さんより素敵な写真を頂きました。プロの腕の凄さに感動するアリ達の写真です。

小さな生き物達の身体の造りが鮮明に見ることができます。こうして見ると、地球上の様々な生き物の進化は本当にすばらしいですね。

10527625_756776971030768_1787373554_n

10545067_756776964364102_97954392_n 10524837_756776974364101_164313177_n 10551886_756776967697435_242138597_n-1 10536673_756776957697436_1949476741_n-1 10529515_756776961030769_398506364_n-1

7/6 自然観察会報告

先日7月6日(日)に、小港周辺にて先月延期になってしまったアリの観察会を無事に開催する事が出来ました。

今回は、自然環境研究センターの森英章さんをインタープリターにお迎えし、「人生、海アリ、山アリ」をコンセプトとして、海岸沿いのアリから山に住むアリまで、歩きながら観察しました。

甘い匂いを出す白い靴下を履いたアリや、頭が大きな筋肉の塊でできているアリ、慌てんぼうのアリなど、あまりにも個性の強いアリ達に、大人も子どもも驚きっぱなしの2時間半でした。

実際に観察したアリの数は10種類程で、1匹でも見つけるのが難しいとされる女王アリは、なんと3匹も発見しました。一番多く発見し、活躍してくれたのは姉妹で参加してくれた子どもたち。その洞察力の高さには脱帽です。
観察には「吸虫管」という森さんお手製の道具を使うことで、生きたまま採集、観察したらその場で離すという
アリにも優しい観察をすることが出来ました。
途中アリの巣の引っ越しの様子も観察しました。
アリは、家の中に入りしばしば人間を困らせることがありますが、
人間の少しの工夫でアリを引っ越しさせることで、
アリと人間は住み分けることが出来るんだということを参加者は体感したのではないでしょうか。
また、今回は出会えなかった小笠原固有のアリの話も聞くことが出来ました。
昔は海岸沿いにも住んでいたオガサワラオオアリは、現在の父島では山の中へ入らないと出会えることができません。
このアリは小笠原固有の植物の蜜を吸う代わりに、お尻から分泌される成分でその植物を外敵から守り、
そして花粉を運ぶという小笠原の生態系の中で重要な役割を果たしています。
今回の観察会を通して培った「アリEYE」(アリを観察する目)が小笠原の自然を新たな視点から守る第一歩となるのではないかと感じた一日でした。
お忙しい中、そしてこの暑い中、観察会に協力して頂いた森さん、参加者の皆様本当にありがとうございました。
これからも当会では、色々な自然観察会を開き、人と小笠原の自然が様々な形で交流をとれる機会を増やして行きたいと思っております。
ぜひ、皆様のご参加を心よりお待ちしています。
なお、次の観察会は秋を予定しております。こんな観察会をしてみたい!などアイディアがありましたらお気軽に会へお問い合わせください。
imageimage